Auto CADとは

Auto CADはオートデスク株式会社が開発している汎用のCADソフトウェアです。登場は1982年で現在は建築、土木、機械分野といった様々なところで汎用CADとして幅広く利用されています。そもそもCADというのは、コンピュータ支援設計と呼ばれていて、それまでの図面を広げて設計図を書くというやり方ではなく、コンピュータを用いて設計することをいいます。人手によって行なわれていた、設計作業をコンピュータを用いることによって設計することで高率を高めることに成功しています。Auto CADはその中の一つのソフトウェアで上述のオートデスク株式会社が開発したものです。1980年代にまだ一般的ではなかったCADソフトを低廉なものに作り直して発売したことで一躍CADソフトのトップブランドとなったのです。このオートデスク株式会社の日本法人は1985年に設立していますから日本での歴史も30年にわたることになります。

現在のAuto CADの正式名称はAuto CAD2015といいます。プラットフォームはWindowsとMacOSXの2つの種類のOSとなっています。Windowsでは32ビット64ビットどちらでも動作します。XPのサービスパック3以降ということですが現時点ではWindowsXPのサポートは終了していますから実質WindowsVista以降ということになります。

現在では、無償体験版が配布されています。30日間の期間限定となっていますが、使い勝手を試してみるには格好のものです。また、学生には3年間無償ライセンスソフトがダウンロードできます。低廉とはいえ何十万円もするソフトですからこれは嬉しいサービスといえるでしょう。

Copyright © 2014 Auto CADの概要と詳細 All Rights Reserved.